京都・花灯路

HOME < ブログ

ブログ
「岡崎ときあかり」に花灯路登場!


今週金曜日からはじまる
「岡崎ときあかり ~あかりとアートのプロムナード2012」
をみなさんはご存知ですか?
平安神宮や京都市美術館などがある岡崎エリアの
夜の魅力を創出するイベント
で、
今年で2回目を迎えたイベントなんだそうです。
そこに、またまた花灯路の行灯が出張することになりました!
約400基の行灯が岡崎の夜を照らし出します。
↓こんな風に、通常の花灯路とは違う一面にも出合えますよ。

設置場所は、神宮道や二条通、京都市美術館周辺をチェックしてみてくださいね。
また、このイベントで注目なのは、
3月の東山花灯路でも知恩院さんを照らし出した技法
「プロジェクション・マッピング」が行われるということです!
来場者だけでなく、スタッフ一同も驚き、連日くぎ付けになった、
あのプロジェクション・マッピングが、
今年は[京都市美術館]と[京都府立図書館]の2ヶ所で行われるのだそう!!
↓こんな感じに、色とりどりの灯りで建物が照らし出されます。

そもそも・・・
プロジェクション・マッピングって何?
という方もいらっしゃると思いますが、
建物の形状にあった映像をプロジェクターで投影し、
あたかも実際の建物が動いているような印象を与えたり、
違う建物になってしまうかのような印象を与える映像表現技法の一つのことを指します。
「知恩院が動いたっ!」と言われ、多くの方にお楽しみいただけたのも、
このプロジェクション・マッピングのおかげなんです。
その他にも、
京提灯を持って岡崎を練り歩く「地張り提灯と歩く ときあかりめぐりツアー」や
みやこめっせがライトアップされたり、
細見に術館で「あかりナイトライブ」も行われるようです!
イベント目白押しの
「岡崎ときあかり ~あかりとアートのプロムナード2012」で、
一足先に花灯路の行灯の灯りを楽しんでみてくださいね。
マップも参考にしてみてくださいね。


------------------------------------------------
岡崎ときあかり ~あかりとアートのプロムナード2012
日時:平成24年10月26日(金)~28日(日) 3日間
  18:00〜21:00
  ※雨天決行(内容一部変更あり)、荒天中止
場所:岡崎地域一帯
詳細:http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/soshiki/2-11-3-0-0_21.html
Facebook:http://www.facebook.com/kyotookazaki

嵐山花灯路の詳細をアップしました!

12月に行われる「嵐山花灯路」まで2ヶ月を切りました!
ついこの間3月の東山花灯路が終わったと思っていたのですが、
もう目の前です!
さて、今年も昨年同様、
↓渡月橋や・・・

↓竹林の小径など・・・

風情を感じられる風景を約2500基の露地行灯で演出します。
また、今年は新しい事業で、
「俥夫(しゃふ)さんと巡るガイドツアー(仮称)」
も行われる予定です。

ちなみに、“俥夫(しゃふ)さん”とは
人力車を引いている方のことです。
毎日、嵐山エリアを駆け回る“俥夫(しゃふ)さん”だからこそ知っている
嵐山の魅力を、みなさんのお伝えできればと思います。
その他にも様々な事業内容を紹介していますので、
ぜひ嵐山花灯路の詳細をチェックしてみてくださいね!

今週末、粟田祭に花灯路の行灯が出張します!

今週末、花灯路の露地行灯が出張します!
どこに行くのか、といいますと・・・
今週末、粟田神社で行われる「粟田祭」に設置されることになりました!
粟田祭というと、
今年の3月に開催された東山花灯路の協賛事業でもお世話になった「粟田大燈呂」が登場します。
↓これが3月の東山花灯路で登場した「スサノオノミコト」の大燈呂。

この他にも、8基の大燈呂が登場するようです!
↓8基の詳しい紹介はココを見てみてください。

説明文の挿絵は少し怖めのイラストになっていますが、
実際の大燈呂は、愛らしい感じになっていますよ。
でも、そのスケールはかなりの大きさ!
↑上の写真でもわかるように、
見上げるような大きさです!
その大燈呂が8基も登場するとなるとかなり見応えがあります。
花灯路の行灯も一緒に飾られますので、
ぜひ今週末は粟田祭に行ってみてくださいね。
----------------------------------------------------------------
粟田祭
日時:2012年10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝)、15日(月)
   ※大燈呂巡行は7日(日)17:30頃〜
場所:粟田神社(京都市東山区粟田口鍛冶町1)
http://www.awatajinja.jp/

↓詳しくはこちらをご覧下さい

↓こちらには粟田祭や粟田神社のことが詳しく書いてありますよ。